So-net無料ブログ作成
検索選択

糖質制限食を調べてみた [ビューティー]

前記事でUPしているチアシード。
食欲のない時に牛乳にダイエットシェイクを溶かしたものに入れて、
食事代わりにしていました。

なかなか美味しく飲めるし、お通じもよくなるし、
必須アミノ酸やオメガ脂肪酸も入っていて、
身体にも良さそうだし、ごはんを食べるよりはローカロリーなはず。

食べなさすぎは身体にため込む体質を作ると聞いているので、
夕食抜きよりは減量できるんじゃないかと期待していました。
栄養バランスだって、そんなに悪くはないし。

ところが、体重計の数値は微動だにせず・・・
そのことがちょっと悔しくて、
ここはひとつダイエットしてみようかという気になりました。

3年前に後続車に追突されて、思うように身体を動かせず、
浮腫んでいるのもあると思うのですがプラス6kg。

ここのところ、痛みがかなり引けてきて、
ずいぶん身体を動かしやすくなってきたので、
今なら、落とせるかもという気もしています。


自分の体質とダイエットのタイプのマッチング

 

思い返せば、今までいろんなダイエットをしてきたけれど、
多少なりとも痩せられたのは「満腹ダイエット」だけ。
ひと月で4kg減でした。

 


4年ほど前、地区の体育館で筋トレの指導を受けたとき、
「キフィーさんの場合は食べなさすぎで、燃えるものがないために、
食べたものを燃焼させられなくて太っているので、食べてください。」
といわれて、始めたのがこのダイエットでした。

(そして、その後に追突事故・・・)

それを考えると、
私はがっつり食べる系でないと痩せないのかと思ってググると、
目についたのが「糖質制限ダイエット」。

「糖質制限ダイエット」は減量の幅が大きいようです。
満腹ダイエットのように、食べる系のダイエットのこともあって、
自分に合うような気がしています。

しっかり結果を出すためにも、ちゃんとした糖質ダイエットをと、
いろいろ情報を集めることにしました。

糖質制限系ダイエットのいろいろ


「糖質制限ダイエット」とひと口に言ってもいろいろあるようです。
糖質制限の度合い、その他の栄養素への配慮、達成する目標によって、
様々に分かれているように思います。

「糖質制限食」の種類


たとえば、高雄病院の江部康二先生が提案されている糖質制限食は
糖質制限の度合いに応じて

プチ糖質制限
スタンダード糖質制限
スーパー糖質制限

の3種類があります。

 

「糖質制限10か条」


江部康二先生が提案している
「糖質制限10か条」がとてもわかりやすいので挙げてみました。
以下、江部先生のブログからです

一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控える。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶もOK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルーツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

江部先生のブログを読ませていただたくと、
先生は極力、糖質をオフにしつつ、食事も楽しむスタンスのようです。
ですから、一部のグレーゾーンの食べ物については常用量を考えつつ、
さじ加減ということでNG食物にしていないものもあります。
(よい例が”ごぼう”です)

その他の糖質制限系食


一方で、糖質制限は厳格にするべきというスタンスで、
多少の糖質を含む調味料、糖質を若干含む野菜もすべてNGという
考え方もあるようです。


そのほかにも糖質制限しつつ、
高タンパク、食物繊維などの摂取を推奨するケトジェニックダイエット、

食事を肉、卵、チーズを中心にして、
糖質が入っている食品は極力控えるMEC(メック)食
もあります。

※糖質制限系のダイエットは不向きな方もおられます。
病気のある方は、必ずかかりつけのドクターと相談してから
試されるのがよいと思います。


目的を短期間のダイエットにするのか、体質改善にするのか、
糖尿病治療の一環として役立てるのかなどによって、
自分の身体に合うものを選択する必要があるのだと思います。

糖質制限系ダイエットは、やりようによってはダイエットにとどまらず、
その人の日常の生活習慣を様変わりさせるような気がします。


スポンサードリンク

nice!(0) 

nice! 0

Facebook コメント

Copyright © ちょびっとハピリッチ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。